チラシ印刷なら激安のアタマ

ヨークマートはシンプルさと歯切れの良さがいいチラシ

チラシの日替わり商品で、水曜は、冷凍食品、牛肉モモ肉、納豆が半額、キムチ4割引、ヨーグルト、マヨネーズ、ドレッシング、カレー、お茶が2割引。
木曜は、冷凍食品、牛肉肩、豚肉ロース、若鶏手羽元、梅干が半額、パスタソース、醤油、味噌が2割引。
金曜は、若鶏ササミ、梅干が半額、日本ハムの中華名菜が4割引、ラーメン生麺、缶詰、レギュラーコーヒー、インスタントスープが2割引。
いずれも、「いま付いている値段より、レジにて」ですが、この表記だと、安売り、投売りのイメージを持たれかねませんね。しかも、赤地に黄色というどぎつい色使いで相当目立ちます。
しかし、打ち出しは堂々としていて、タテヨコにきちんと整理されています。
シンプルさと、割引の歯切れ良さがデザインされて、安売り、投売りのイメージを全く感じさせないところが、さすがヨークマートです。

ヨークマートのロゴはイトーヨーカ堂と同じで、セブン&アイ・ホールディングスの傘下にあります。
日替わり商品も、野菜、お肉、魚が中心ですが、写真が大きいからか、商品満載の他の食品スーパーとは異なり、「目玉はこれだけ?」と思うほど点数は少ないくらいです。
裏面も、野菜、切り身や干物、カルビやしゃぶしゃぶ用と、野菜、お肉、魚が目玉、は食品スーパーの定石通り。
日替わりの、とんかつや、ちらし、太巻き、お寿司などの、自家製の惣菜が、ありがたい生活感を得ています。
ヨークマートのチラシの魅力は、お店のポジショニングの確かさもあって、「安いから買いに行く」ことと、「今日の献立を何にしょう」という生活者の心理を接近させているところにあります。

なんでもありの目玉商品たくさんの、他の食品スーパーと違って、これらが目玉ですが、店頭でいろいろお選びください、という自信の表れでしょうか。
ヨークマートのチラシの魅力は、衣食住のイトーヨーカ堂と、コンビニのマーケティングで類を許さないセブンイレブンの、両方のノウハウを活かした、食品専門スーパーとしての、ポジショニングの確かさがうかがえることです。

NEXT >> 東京の家庭を支える、つるかめランドのチラシ