チラシ印刷なら激安のアタマ

東京の家庭を支える、つるかめランドのチラシ

東京――国際都市として、政治、経済、商業、文化の最先端を支えているのは、そこで働き、首都圏から通勤しているサラリーマンやOLたちと、その家族。満員電車に揺られての通勤、社会や企業の中でのプレッシャーやストレス、限られた収入の中での家計や小遣いのやりくり、そんな庶民の生活を思います。
つるかめランドのチラシは、そのような庶民の味方であるような、つつましやかさや、明るさを持っていることが魅力です。

春のある日のチラシは、菜の花1束298円、たらの芽198円ですから、おひたしや天ぷらは1000円以下でできそうです。
赤エビ1パック398円、真鯛お作り100グラム398円、冷ホタテ100グラム239円なら、家族で上等の魚すきができそうです。
はっさく288円、トマト298円、ポンカン398円、トマト298円、いちご398円、それぞれ1袋ですから、デザートもいけそうです。

つるかめランドという店名もそうですが、つるさんと、かめさんのキャラクターが庶民的で、マンガチックであるように、チラシも、おふざけとはいわないまでも、ある日のチラシに、ゾロ目市として、新じゃが芋、長ねぎ、豚モモ肉切り落としが99円、若鶏モモ肉、いよかんが66円、あさげ・ゆうげ(味噌)、ミツカン五目が222円、というように、庶民の気持ちを解きほぐしてくれる気やすさや気軽さが、つるかめランドのチラシにはあります。
つるかめランドは首都圏を中心に100店を超え、国際都市・東京のパワーを支えるサラリーマンやOLの生活の味方になっています。

イギリスのテスコが、首都圏の、鮮度の高い食品を毎日少しずつ買い求めるという、地域の庶民型ニーズに着目して日本に進出、つるかめランドはテスコジャパンが運営しています。
西友やイトーヨーカ堂のようなハイパーマーケットが充分フォローできない、首都圏の庶民的なストアである地域住民に密着したニッチ市場が、つるかめランドのチラシの魅力でもあります。

NEXT >> サンディのチラシは安いの三拍子