買い物スタイルを研究したつるかめブランドのチラシ

「つるかめブランド」の店舗は、つるかめ36店舗、つるかめランド50店舗、ふーどれっとつるかめ15店舗、キッチンランド1店舗、かめちゅーる、1店舗、TSURUKAME3店舗(2009年2月現在)となっています。
これらを運営するテスコジャパンは、「英テスコ」グループが本体。2003年シートゥーネットワーク社を買収し、東京及びその近郊78ヶ所のディスカウント・スーパーマーケットを入手したのを皮切りに、首都圏を中心に小規模店舗を持つ小売企業を次々傘下におさめ、100店舗以上の規模に成長しています。
いわゆる欧米型の大規模ストアではなく、日本、特に首都圏の消費者のライフスタイルに合った店舗規模と営業形態と品揃えを提供することで支持層を増やし続けているつるかめは、日本人の買い物スタイルを徹底的に研究したことが勝因といえるのではないでしょうか?

テスコの業績を見てみると、本国イギリスだけでなく、北半球の十数カ国でハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどの各業態を柔軟に展開しています。
近年では、売上高でアズダ、セインズベリーなどの大手企業を引き離してイギリス国内最大手と評されていて、ウォルマート、カルフールに次いで世界でも3番目の位置にいます。流通・小売業だけでなく金融、電気通信、ガソリンスタンド、通信販売など幅広い分野で業績を上げています。
FTSE100種総合株価指数組入銘柄のひとつで、2007年7月発表の『フォーチュン』誌の優良企業番付でも、世界第55位に挙げられたトップカンパニーなのです。スローガンは「Every little helps」。
やはり、どの世界でも『顧客』に徹底的に向き合う企業が成長していくということなのでしょう。

さて、そのつるかめのチラシですが、東京・千葉・埼玉・神奈川・長野・静岡・愛知と広域に店舗はあるものの、その殆どが東京・千葉・埼玉の三県にあるため、他の地区でつるかめのチラシを見ることはあまりないでしょう。
Webチラシではすぐにみつけることが可能ですから、興味のある方は探してみてください。
「つるかめ」のマークは吉寿の象徴である鶴と亀。縁起がいいですから、チラシを見るだけでご利益があるかも知れません。

NEXT >> 人なつこい接客が好感触のママフルのチラシ

業界最安値B4両面カラー印刷 データ確認無料の安心印刷