チラシ印刷なら激安のアタマ

親しみやすいサニーのチラシ

サニーは西友のお店です。
福岡県を中心に、約70余店があり、西友の九州市場を治めています。サニーのチラシの魅力は、流通の大手・西友のプロモーションのノウハウを感じさせることです。
SUNNYという店名こそ違いますが、チラシのデザイン・フレームは西友と全く同じです。
週刊(WEEKLY)SEIYUの替わりに、週刊(WEEKLY)SUNNYをタイトルにした1周間単位のチラシで、キャンペーンロゴ「KY=カカク ヤスク」も同じで、「24時間365日、『価格安く』は止まらない。NONSTOP KY」のタイトルも同じ。青空の下を颯爽と自転車で走るタイトルイメージも同じ、ネットにも同じ爽やかな映像を流しています。

九州以外の人は、西友のお店がサニーであることを知らないし、福岡の人はサニーが西友のお店であることに気づきません。ただ、チラシをよく読めば、SUNNYのロゴの下に(株)西友とあり、「チラシ掲載商品は西友各店でも取り扱っている」ことがわかります。九州でも西友が約7店ほどあるための表示です。
西友の企業の経歴上、九州の人には、サニーの方が親しみやすく、有利なのでしょう。
チラシのデザインや商品のレイアウトも、ほぼ西友のチラシに準じていて、3割以上6割ほどまでが、西友と全く同じ商品、同じ価格です。大量仕入れによるコストメリットがはかられています。

とくに加工食品や調味料や日用雑貨はほとんどサニー、西友と商品アイテムが同じ、レイアウトの場所も同じです。
しかし、お肉や野菜や魚などの生鮮食品は、さすがに同じものが大量に揃わないために、サニー、西友とも共通したものが少なくなります。
ある4日間の目玉では、ぶり、真だこ、あまおうなどが共通していますが、お肉や野菜などは、西友のアイテムとかなり違っています。
同じ店なのですが、コストメリットをはかるために、違いを埋めていく、サニーのマーチャンダイザーの苦労が思いやられます。
サニーのチラシの魅力は、店名こそ違え、スーパー業界の大手・西友と同じ商品とクォリティがあることです。生活者が安心して買い物をできるマーケティングの基本があります。

NEXT >> イトーヨーカドーのバラエティなチラシ