チラシ印刷なら激安のアタマ

サンディのチラシは安いの三拍子

サンディのチラシは黄色のザラ紙に黒1色です。このようなチラシを出しているお店は、安さを強調するディスカウントショップであり、また、常連客がついているものです。
といっても、食品のディスカウントショップのサンディは、小さい食品店ではなく、近畿を中心に100店以上の規模があるチェーン店です。

サンディのチラシの魅力は、黄色のザラ紙に黒1色で充分という自信と貫禄を感じさせる、「気安さ」「値段の安さ」「安心感」の「安」の3拍子にあります。
サンディは価格訴求には相当自信があるようで、ネット上で、スーパーの価格よりは2〜3割安く、年間にすると、4人家族で約12万円の節約になるといっています。
ボックスストア・サンディは、野菜や果物が目玉で、玉ネギ、ねぎ、トマト、枝豆、ニンジン、南瓜、ピーマン、なす、さつま芋などの野菜やエリンギ、そして、キウイフルーツ、サンふじりんご、バナナ、グレープフルーツなどの果物、玉子、明太子が100円以下です。
高くても、長芋やイチゴの299円です。

サンディには、もうひとつの「売り」があります。それは、トップメーカー、トップブランド品を、どこよりも安い価格で販売している、と表明していることです。
ある日のチラシの日替わりに、明治のなめらかソフト、ミッカン酢、日清スープヌードル、コカコーラのアクエリアス、伊藤園のお茶などのブランドで100円前後、その裏面にも、カゴメのとんかつソース、味の素のマヨネーズ、マルキンのこいくちしょうゆ、ヤマザキの食パンなどの誰もが知っている銘柄が満載され、他店と価格比較もしやすいアイテムです。
毎日の家計は、安さと品質の両輪で勝負、有名メーカーの人気ブランドが安いというのも、サンディのチラシの魅力です。
黄色のザラ紙に印刷で充分、というのも、サンディのローコストの実現のひとつを担っているのでしょう。品質と安さで勝負、をお客さまが知っていてくれているから、チラシは1色でもいいという自信がうかがえます。

NEXT >> 食品がびっしり満載の三和のチラシ