チラシ印刷なら激安のアタマ

サンドラッグのチラシでメディカルフォローを

薬品を主力商品とするサンドラッグのチラシは、ヘルスケアをカテゴリーごとに分類して注目させるというスタイルが定着していることが大きな魅力です。
人々は、風邪気味と思って風邪薬を買えば、歯磨きを買い足すこともあれば、洗濯用品を買い替えることもあります。
そのように、サンドラッグのチラシは、ふだん何気なく行っているメディカルフォローや、ヘルスケアや、ハウスキーピングなどのニーズを分解してカテゴリー化し、くらしのモチベーションに整列しなおしています。
いわば、売り場をチラシにレイアウトしている、チラシづくりの骨法があります。

「つらい風邪の症状に」として、パブロン、エスタック、ルル、葛根湯などの風邪薬、花粉のシーズンは「つらい鼻炎の症状に」として、アレルギー性鼻炎の薬や、目の痒みの目薬、「胃腸は毎日大忙し」として、パンシロン、キャベジン、大正胃腸薬、太田胃散、正露丸や日野百草丸、「栄養補給」として、ゴールドキューピー、グロモント、アリナミン、ポポンSなどのビタミン剤や養命酒、「家庭の常備薬」として、頭痛薬、メンソレータム、軟膏、入れ歯除菌剤、「体のために健康食品」として、コラーゲン、グルコサミン、ヒアルロン酸、ウコン、烏龍茶などが広告されています。

そのほか、アイケア、肩こり・腰痛、メタボリック対策などがすべてオモテ面、生活をカテゴリー化した上で、ニーズの引き出しをはかっています。
サンドラッグも、化粧品、バス用品、洗剤、台所用品、食品などを扱い、すべて裏面に満載しています。
薬の流通のモデルは、富山の置き薬、サンドラッグのチラシを見て、切れかかっている薬、予備の買いだめなどを促すことも、販促=暮らしの予備につながる効果があります。
医療と健康と住まいを、ヘルシー&ビューティにケアする提案を、商品を通じて行っているところが、サンドラッグのチラシの魅力といえます。

NEXT >> ヨークマートはシンプルさと歯切れの良さがいいチラシ