開かれた会社 サミットのチラシ

サミットは住友商事から産まれたスーパーマーケット・チェーンです。
この住友商事が属する住友グループには400年にわたって受け継がれてきた「住友の事業精神」というものがあります。
それは、「信用を重んじ、いやしくも浮利を追わず」というものです。
サミットでは、これを今の時代に合わせて、「企業を取り巻く全ての人々に対して《嘘のない仕事》をすること」と置き換え、これを経営理念として貫いています。つまり、すべての商品について品質・日付・価格などのごまかしのない《嘘のない商売》。
バイイング・パワーに物言わせるような強引な商売ではなく、取引先との共栄する商いをする《誠実な対応》。
社員に対するいかなる差別も止め、勤務時間・休日についても約束したとおりの処遇をする《公正な処遇》ということです。
そして、《嘘のない仕事》をすべての活動領域において貫いてきたため、営業上の機密を除けば、すべてにおいて情報公開が可能となり、社内外に対し「開かれた会社」となっています。
平成8年2月伊丹十三監督、映画「スーパーの女」の制作に全面的に協力する(1996年6月全国公開)

通常のチラシは裏表ともに四色展開となっていて、コーポレートカラーであるグリーンで縁どられているのが基本スタイルです。そのため、新聞折り込みで入っていると、すぐにサミットのチラシと判別できます。
チラシの定番要素として、毎週土曜日は冷凍食品が半額!ということ、それに毎月第二月曜日はポイント五倍デーということがアピールされています。

NEXT >> バローのプライベートブランド満載のチラシ

業界最安値B4両面カラー印刷 データ確認無料の安心印刷