チラシ印刷なら激安のアタマ

ふだん着はしまむらのチラシで物色

しまむらのチラシの魅力はなんといっても、ふだん着の魅力です。
「洋服や衣料品」は、「ファッション」と呼ばれるだけで、ブランドものになり、もちろんカッコよくなりますが、高いプライスが付きます。
ブランドにさほどこだわらない人でも、ひとつかふたつ位はブランドもののバッグなどがありこそすれ、毎日のふだん着は、ノーブランドというか、しまむらで充分、というより、いまや、しまむらで買った、という安心でき、なじみのある流通ブランドになっているのです。
いちおう、企業ロゴのいちばん上の帯には、「ファッショントレンドを提案する」とあるものの、全品、非ブランドのカジュアルです。

ある日のチラシは、個性で魅せるエスニックスタイルとしてニットガーディガン、プリントスモックグラデーションのスカートが、いずれも1000円台、陽射しに映えるマリンスタイルとしてアクセサリー付きスモックTシャツ1470円、トレンドワンピで出かけよう、としてワンピース1870円、それらすべては女性モデルが着ている商品、男性モデルでジップパーカアンサンブル1870円、チラシ裏面のファッションものもほぼ、1000円台かそれ以下。
ブランドものはケタが10万、20万だとしても、デパートで2〜3万円のカジュアルを買うなら、しまむらなら、ふだん着を10着も、20着も買えてしまいます。女性の深層心理に、おしゃれ上手は安物買いということが、裏付けられているのもうれしいですね。

しまむらの流通としてのもうひとつの魅力は、近所の主婦やお友達どうしで、ランチやお茶を口実にいっしょに物色しに行けること。それが葱や豆腐ではそんなわけにはいきません。ふだん着のファッションなら、これセンスいいね、あなたに合うわよ、これ若々しくない?とか、奨めたり、奨められたりして、つい衝動買いしても1000円札の1、2枚、友だちどうしの物色で、自分ひとりではいつも気がいかない、掘り出し物も見つかります。

NEXT >> ヤマザワのチラシで特売品を逃さない