チラシ印刷なら激安のアタマ

西友のチラシに隠された戦略

西友のある時期のチラシは、「週刊 SEIYU WEEKLY」として、B2判のオモテ面全体が、7日間の日替わり厳選特価と7日間連続超特価だけ、まさにウィークリーです。 だから、1日分のスペースもかなり広め、なのに、商品は数点ずつですから、ひとつひとつの写真は大きく、全体にはダイナミックな感じになっています。
1日分をよく見ると、野菜、お肉、魚介類、惣菜が、バランスよく構成されていることに気づきます。毎日の生活の食材はそのどれかなのです。
生活者にそれを気づかせない配慮が戦略的ですらあります。
ちょっと、4月のある1週間を、並べ替えて分析して見ると、

  野菜 お肉 魚介類 惣菜
木 曜 ◎レタス 若どりもも肉 真だこ エビ天丼
金 曜 ピーマン 豚肉ロース ◎かつお刺身 中華
土 曜 ◎じゃがいも ロースステーキ用 明太子 春雨中華サラダ
日 曜 いちご 豚肉ヒレブロック ◎ぶり お寿司
月 曜 アスパラガス ◎豚肉ももブロック あさり コロッケ
火 曜 ◎いちご 牛肉もも切り落とし ブラックタイガー 巻き寿司
水 曜 長茄子 若どりむね肉 ◎釜揚げしらす 丼物各種

どうですか!幾何学的に美しいと思われるほどの、野菜、お肉、魚介類、惣菜のマトリックスです。
◎は、日替わりのブロックの中の一番大きい写真で、惣菜を別にして、バランスよくすべてのカテゴリーに配分されているので、西友の食材がどれかに偏ることがないようになっています。
西友のチラシの魅力は、食品カテゴリーの分類に基づいたアイテムのレイアウトで、生活者の食生活の潜在ニーズを、きちんとこの4場面から捉えている、ということです。
日替わり商品の下にあるのが、その週の7日間通しの連続超特価、西友のチラシは、ウィークリー単位で勝負、生活者の1週間のライフサイクルにシンクロしています。
さすがに、流通の大手の、鮮やかな手法といえるチラシです。

NEXT >> アオキスーパーの2色刷りチラシ