チラシ印刷なら激安のアタマ

食品がびっしり満載の三和のチラシ

ふつう、食品スーパーのチラシの上半分の目立つところに、野菜やお肉などの目玉の生鮮食品が置かれるものですが、三和のチラシの目玉は真ん中当たりに帯状に並べられています。
左に、「お肉のお買得」とあって、牛カルビ用、ステーキ用、カレーやシチュー用、豚やヒレのブロック、若鶏、真ん中に、「新鮮野菜のお買得」とあって、レタス、アスパラ、キュウリ、トマト、イチゴ、フルーツ、右に、「水産デー」とあって、まぐろ切り身、かつお、サケ、メカジキ、いさき、かれいなどがあります。
左右にお肉と刺身の鮮やかな赤に挟まれて、真ん中に野菜の緑、この赤と緑が彩りもきれいで、目を引きます。

チラシの上1/3は、赤玉たまごだけが生もので、牛乳、みりん、上白糖、レトルトカレー、ケチャップやコーヒーなどがあり、ふつうは下の方か裏面に載る加工食品や調味料がここではメインのスペースにあり、三和独特の工夫があるのでしょう。
三和のチラシの魅力のひとつは、ウラが生活提案型のくくりになっていることで、「春野菜で中華メニュー」として、お肉、野菜、かた焼きそば、ニラとキャベツをたっぷり使った餃子などのコーナーがあります。中華通には、いろいろなメニューが浮かびます。
「春の行楽特集」コーナーでは、お茶やカルピス、ジュースなどのドリンク、ビスケット、ポッキー、フルーツゼリー、チョコレートなどのおやつがあります。
「お弁当・おつまみに」として、鶏そぼろ、焼き海苔、たらこ、ちくわ、昆布佃煮、さけフレークと、外食するより、手作りのおにぎりやお弁当がいかにもおいしそうな食材が選ばれています。
この時節、「家計応援スペシャルプライス」として、95円均一コーナーには、ヨーグルト、チーズ、バター、レモンティなどのドリンクがどっさり、どれかひとつは買ってもいい、という気にさせます。

三和のこの日のチラシは、土・日・月の3日間の日替わり、あらゆる分野の食品が、びっしり満載されていて、ウラオモテ、カラーの美しさも食のシズル感を引きたてている魅力があります。

NEXT >> オオゼキのチラシに余白はない?