チラシ印刷なら激安のアタマ

マミーマートのチラシはバランスがいい

マミーマートは埼玉県が拠点、店舗の7割以上が埼玉県にあり、首都圏で展開されている、ちょうど50周年を迎える生鮮食品スーパーです。
地域密着型のスーパーのチラシに共通するのは、まず、飾り気がないこと、バーゲンらしい触れ込みもなければ、「50th一番市」とセールタイトルがあるだけ、毎日会っている地縁の友達どうしに大げさな挨拶は要らないもの、という感じです。
そして、値付けは、「8」のセオリー通り、98円、128円、198円、258円と、2円足らないだけで1ケタ安い安値感を持たせています。
セールのスタイルも、食品スーパーのパターン通りで、金、土、日、月の4日間の日替わりと、朝市、夕市と食品スーパーの典型です。

食品スーパーのチラシは商品が決め手ですが、そこは生鮮食品店だけあって、目立つのはお肉、日替わりに、お肉や魚や野菜があって、庶民の生活が毎日繰り返される食生活をバランスよくとらえています。
ゴールデンウィークというタイミングもあって、マミーマートには、ファミリーを想定した演出があって、裏面もカラーですが、焼肉&バーベキューは、お肉や海鮮類がドンと盛り沢山、炭火に乗ったバーベキューの写真もシズル感を添えています。
食材を演出する仕掛けは、マミーマートの惣菜の写真カットにもあって、「お好み麺ランチ」では、焼きそばやパスタなどの調理写真が食生活をイメージして、商品を盛りたてています。
子供の日を挟むゴールデンウィークは、お子様の大好きメニューの食材、加工食品のコーナーがきちんとあります。
毎に繰り返される朝昼夜の食生活のニーズをそっと受け止めて、生活者といっしょに歩いているディリーさが、マミーマートのチラシの魅力です。

NEXT >> 赤札堂のチラシは超特価を表現している