顧客満足を売りにしているケーズデンキ

北関東の家電量販店戦争として有名な"YKK"のひとつ、「ケーズデンキ」。
コジマが世界一安い店を目指すなら、ケーズデンキは「地域で一番安い店」を戦略にしています。それはチラシにも文言として記され、「他店と徹底的に比較してください」と自信満々の殺し文句も入っています。
まずチラシで目に飛び込んでくるのは、その鮮やかなロゴでしょう。
キャラクターにはドリフターズなどの人気スターを配していますが、遠くからでも探せる看板にも使用されている「K‘s」のロゴは赤地に白抜きの太文字の認識が容易な傑作です。
店内に流れるBGMでもお馴染みの3年・5年・10年の長期保証制度、会員制の「あんしんパスポート」は、今では看板のサービスとなっていて、徹底した顧客満足を売りにしています。

チラシは両面4色の大型版が多く、A全版やそれに近いサイズで勝負をかけてくることがあります。ホームセンターなどの季節ものチラシなどではこうした大判サイズも時々見かけますが、家電品のチラシはなかなか見ることがないので驚かされます。
最近では、家電品販売に留まらず、「IHクッキングヒーター」や「エコキュート」などの商品を中心として家ごと丸々「オール電化」の戦略も進めていて、提案・診断・アドバイスから施工までを電気事業者ではなく家電店舗からスタートする路線も取り入れています。

全国に約300の店舗網を持つケーズデンキのチラシはいつでもスタイルを変えません。それは、企業としての姿勢が変わらないことの表れでもあります。
ポイントではなく、その場で現金値引きがポリシー。
「新製品が安い」の言葉どおり、“最初から安い”を売りに突き進むケーズデンキは、YKKの中でも独自の手法で勝負する特異な存在なのです。

NEXT >> 買い物スタイルを研究したつるかめブランド

業界最安値B4両面カラー印刷 データ確認無料の安心印刷