チラシ印刷なら激安のアタマ

県外の人がうらやむ、特産物がたくさんなかねひでのチラシ

かねひでのある日のチラシは、パワーアップ日曜朝市、売り切れご免!として、まずは、お肉のジャンボ市、お肉が10アイテム以上、グラム100円前後からあり、バーベキュー特集があり、卵、豆腐、お茶、サラダ油などが目玉にあります。
ちょっとうれしいのは、「沖縄島豆腐」や、「ハイサイさんぴん茶」「さんぴん花茶」など、地元ブランドが多くあることです。
語呂合わせで、5月8日は「ゴーヤーの日」として、沖縄特産のゴーヤーが100g58(ゴーヤー)円とお買い得、ゴーヤーちゃんぷるーの調理写真があって、ゴーヤー丼、ゴーヤー弁当が298円、ゴーヤー天ぷら58円、ゴーヤー炒め99円など、総菜も目玉です。
これだけ揃うと、どれか食べたくなりそう、甘くてほろ苦いゴーヤーの味やシャキッとした歯ごたえが浮かんできます。
日本中で親しまれているゴーヤーのお料理ですが、やはり地元の沖縄で元気でないと、日本の生活文化としての活力になりません。地産地消の良さもそこにあります。

かねひでのチラシの魅力は、地元の食材を地元に提供する地域密着性です。
タウンプラザかねひでは、沖縄に約40店舗、地元の金秀商事グループが経営する、沖縄県民のための、沖縄の会社のお店。
このようなお店に、地元のブランドがたくさんあるのは、うれしいことです。地元の産業や産物はまず地元の人たちが消費することが大事で、地産地消は、農林漁業の基本です。
地元で採れて地元で食べることが、基本にないと、産業の底力は生まれないからです。
かねひでのようなお店があって、流通する役割を果たしているのは、うれしいことです。
チラシではわかりませんが、かねひでのホームページに、沖縄産ちゅらぶたとありますが、デロック、大ヨークシャー、ランドレースなどの種類の豚に、天然ハーブを添加して育てているという情報があります。さぞかしおいしいでしょう。

住民がその風土の幸をきちんと味わってこそ、地元の食文化の多様性も根付き、日本中にもひろがっていく役割を果たしている地産地消が、かねひでのチラシの魅力です。
自然に恵まれた沖縄には、県外の人がうらやむ、特産物がたくさんあります。
かねひでには、そうした地元の豊かな食の資源をぞんぶんに提供してあげてほしいですね。

NEXT >> 清潔感があって、礼儀正しいカインズホームのチラシ