チラシ印刷なら激安のアタマ

ダイレックスのチラシのオモテ面

ダイレックスのチラシは、おや?と思うようなオモテ面です。というより、何屋さん?というような品揃えです。
メインの場所に、29800円の冷蔵庫、39800円〜69800円のデジタル液晶テレビ、18800円のグリル付きガステーブルあたりの高額商品が目玉でしようか。
ジャーやオーブントースターなどの調理機器もありますが、IH対応フライパンが498円、皿立て水切り980円、などのほか、家庭用品やインテリアや衣料やカー用品、文具、ペットフードなど、多くは1000円以下です。

ついでに、チラシの裏面も覗いてみましょう。花粉対策を鼻でブロックするシートやマスク、風邪薬、目薬、胃腸薬などの薬品、香りとデオドラントの洗剤や泡の力で落す洗剤、歯ブラシ、シェーバーやスタイリングムース、生理用品などのドラッグストアのカテゴリー、こしひかりやお酢やインスタントラーメンやコーヒー缶、塩こんぶなどの食品、お酒は缶ビールや焼酎、そしてヨーグルトや総菜や納豆などの日配コーナー、こちらは食品スーパーのカテゴリーです。
この一見無秩序に見えるダイレックスのチラシの魅力は、これらの商品を真剣に売ろう、発信者としての情報を押しつける、というより、生活者の、いつ、どこに生じているかもわからない、あらゆる生活分野でのニーズを拾おうとしているように、見受けられます。

生活者の生活スタイルやニーズもてんでバラバラ、そろそろテレビを買い替えなきゃと思っている人もいれば、キッチンの蛍光灯が切れてすぐ買いに行かなければならない家もあり、冬物が入れるタンスに入りきれなくなったなど、さまざまです。
商品の硬軟、大小、価格の高低に拘らず、生活のさまざまに生じる突然のニーズや潜在ニーズのあらゆる場面に全方位型で対応してくれる店のスタイルが、ダイレックスのチラシの魅力でもあります。

NEXT >> バラエティに富んでいるアピタのチラシ